使用してはいけないセールスコピー#こんな不動産チラシは要注意【優良誤認・禁止用語】

不動産「売却編」

ホームページやチラシなど、物件購入の際には「キャッチコピー」や「セールスポイント」についてはみなさん必ず目にされると思います。

しかし不動産のセールス(キャッチ)コピーには使ってはいけない言葉があります。

不動産の購入検討においてセールスコピーは大事な検討要素です。

しかし

このキャッチコピー本当?

といった、激しい言葉が使われているのを見たことありませんか?

今回は、不動産チラシを作り続けて20年以上の私が「使ってはいけないセールスコピー」についてお話させていただきます。

ご覧いただければ不動産のちらしから、優良誤認させて、騙して売ろうといった悪徳不動産屋が見分けることが出来ます。

スポンサーリンク

不動産の表示に関する公正競争規約がある

不動産の表示に関する公正競争規約では、『合理的な根拠があるとき』以外は使用してはいけない用語というのがあります。

これらの用語を使用している、ということは、ルールを無視して良く見せる、という悪質な不動産チラシだという事です。

完璧・完全無欠なお部屋です!

物件の形質その他の内容又は役務の内容について、「完全」、「完ぺき」、「絶対」、「万全」等、全く欠けるところがないこと又は全く手落ちがないことを意味する用語

不動産の表示に関する公正競争規約 第18条

完璧なお部屋で非の打ちどころがないお家です!そんなお部屋がなんとたったの400万円!(なんでやねん)

日本一の超、抜群なお部屋です!

物件の形質その他の内容、価格その他の取引条件又は事業者の属性に関する事項について、「日本一」、「日本初」、「業界一」、「超」、「当社だけ」、「他に類を見ない」、「抜群」等、競争事業者の供給するもの又は競争事業者よりも優位に立つことを意味する用語

不動産の表示に関する公正競争規約 第18条

当社だけの日本初、日本一の抜群なお部屋です!ただし玄関がありませんので400万円!(以下略

特選!正統な流れをくむ厳選されたお家です!

物件について、「特選」、「厳選」等、一定の基準により選別されたことを意味する用語

不動産の表示に関する公正競争規約 第18条

これは結構見ますね。特に「特選」は。

特選厳選!選ばれた地域の由緒正しいお家です!ただし古すぎて半崩壊してますので(以下略

最高級のお家!あなたに最適なお家です!

物件の形質その他の内容又は価格その他の取引条件に関する事項について、「最高」、「最高級」、「極」、「特級」等、最上級を意味する用語

動産の表示に関する公正競争規約 第18条

この他にも「最新」、「最適」、「絶好」等が該当します。

当社の中でも特級のマンションです、最高の眺望で、極上のお部屋です!ただし5階最上階でエレベーターがないマンションなので(以下略

破格!バーゲンセール中のお家です!

物件の価格又は賃料等について、「買得」、「掘出」、「土地値」、「格安」、「投売り」、「破格」、「特安」、「激安」、「バーゲンセール」、「安値」等、著しく安いという印象を与える用語

動産の表示に関する公正競争規約 第18条

これもよく見ますけど、これ見た売主様は怒ると思うのですが、、、、

お買得!投げ売りします!この土日だけのバーゲンセール!安いには理由があります!価格なりの品質ですがとにかく地域一安いお部屋です!当社厳選!(売主様からのクレーム間違いなし)

売れ行き好調!完売間違いなし!

物件について、「完売」等著しく人気が高く、売行きがよいという印象を与える用語

動産の表示に関する公正競争規約 第18条

「完売」という言葉は、全区画やマンション全棟が全て「契約済」になった時には使用可能であり、セールスコピーには使用できません。

日本で最後の一等地!まもなく完売!早いもの勝ち!ただし、まだまだ区画は残っていますので焦らずにどうぞ!(意味が分からない)

まとめ:優良誤認させるようなちらしには要注意

使用してはいけない用語を利用してまで、不動産をよく見せようとしている残念なちらしは多数見かけます。悪気があるかないかは別としても、ルールを知らない不動産屋には信頼がおけません。

おそらく、「あれ、これ駄目だったんだ、、、よく目にするけど」みたいなことは多いと思います。

                     ※イメージです

その物件を売りたい気持ちはわかりますが、不動産屋にとって「最高」の物件かもしれませんが、ご覧になるお客様には「最高」とは限りません。

我々不動産屋は、何気ない表現であるかもしれませんが、誤解を与える表現は現に慎まなければならないのです。

※代表的なチラシが「このマンション限定で1組探しておられます」という闇チラシです。
 別記事にしてありますので合わせてご覧下さい。

不動産ポスティングチラシの闇「このマンション限定でお客様がいます」【嘘】
あなたのお家のポストに、よくこんなチラシは入ってないですか?「このマンション限定で1組探しておられるお客様がいます」「この町内で至急お探しの方がいらっしゃいます」「この学区限定、売り物件を大至急お探しのお客様が1組います」...

他より抜きん出たいがために、お客様を煽って、欺くのは信頼を失うだけです。
そんな不動産屋から購入したいでしょうか。
言葉巧みに、は不動産屋にとって誉め言葉ではありません。

今後も、私はホームページや、チラシ等のキャッチコピーでしっかりと健闘いただけるよう努めます。

ではまた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
不動産「売却編」 不動産「購入編」
スポンサーリンク
エネミー伊吹をフォローする
この記事を書いた人
エネミー伊吹
エネミー伊吹

40代前半の現役不動産屋。20年以上不動産に携わる。
大学卒業後、住宅メーカーに就職し1年目に全国新人トップを取る。その後自身で設計をし、実家を建て替える。
20代後半から賃貸会社に転職し、不動産のマーケティングを担当する。
現在は仲介不動産会社に勤め、年間200件前後の不動産に携わり、毎年100組以上のお手伝いをする傍ら、ブログを書く日々を送る。
いちごを育てながらカステラを自分で焼く。甘党。

エネミー伊吹をフォローする
不動産屋はお嫌いですか
タイトルとURLをコピーしました