【不動産屋から見た】希望の物件に出会える人の特徴 5選【運気が上がる?】

不動産「購入編」

20年以上も不動産に携わっていると、「希望の物件に出会えた」多くの方々を見てきました。

「不動産を購入する」という、ご縁とタイミングが必要な中で、見事幸運を掴まれた方々です。

今回は、年間200件以上の不動産に携わり、毎年100組以上のご縁を取り持っている私が、

『 希望の物件に出会える人の特徴 5選 』

について「不動産屋の立場」から見て印象的だった特徴をお伝えいたします。

スポンサーリンク

特徴5選

①予算を明確に出来る人
きちんと返事をくれる人
アクションが早い人
④自ら興味ある物件を教えてくれる人
⑤よく質問をする人

「黒い服を着ている人」とか「朝リンゴを食べる人」とか「11月生まれのさそり座の人」とかを想像されていた方がもしいたらゴメンナサイ。そういう事ではないんです。

一つづつ解説していきます。

予算を明確に出来る人

どんな方でも『より安く購入したい』という強い気持ちはあるはずで、その気持ち自体は私も自身で不動産を購入したことがありますので、よく分かります。

ただしその気持ちが強すぎて、金額(予算)について曖昧にしか伝えないと、
例えば

安ければ安いほうがいいので、とくに予算とかは、、

上限はあるといえばありますし、無いと言えばいです、、


となってしまうと不動産屋はきちんとした予算を把握出来ず、紹介に支障をきたす可能性があります。

別に不動産屋は、その金額を聞いたからと言って

ふふふ、良いこと聞いたぜ

目一杯高い物件を紹介するぜ!

なんてことは思っていません。
希望金額上限付近しか紹介しないなんてことは無いのです。
※そんな不動産屋がいたらすぐに逃げてください。

不動産屋に駆け引きをしても仕方ないのです。

不動産屋はあくまでも希望に合いそうな物件を紹介する立場なので、
金額をぼかされると、紹介に戸惑いが出て
もしかしたら出会えていた不動産、に出会えない可能性があるのです。

「ここまでは出せる、これ以上は出せない(出したくない)」
は明確に伝えておいた方が、結局的外れな物件ばかり紹介されるリスクは減ります。

きちんと返事をくれる人

きちんと返事を下さる方は、不動産屋との相互理解が深まる方です。

メールにせよ電話にせよ、きちんと返事をくれる人は大変ありがたいです。

例えば「今回3つの物件を紹介します」とメールをして
一向に返事が無ければ、この物件で良かったのか悪かったのか、
まぁ返事がないということはおそらくダメなんだろうけれど、どこがダメなのか。

要は不動産屋のあなたに対する情報が、アップデートされないのです。

例えば質問をいただいて、調べてお伝えしました。
一向に返事が無ければ、こちらが質問の意図を読みそこなったのか、理解していただけたのか、

やっぱり不動産屋のあなたに対する情報はアップデートされないのです。

不動産屋はエスパーではないので、お返事が無いと分からないのです。
内容は簡潔でも構わないのです。お返事があれば、精度がぐんぐん上がり、候補はどんどん絞り込まれるのです。

アクションが早い人

もちろん、皆さんお忙しいです。

それでも興味ある物件が出てきたときに、内覧や見学等のアクションは可能な限り素早く行った方が良いと思っています。
また不動産屋から連絡が来た時も、仕事や家事やらで、常に携帯やメールをチェックできないのは理解しています。
もちろん急かすことはしません。

不動産というのはこの世に一つだけしか存在しません。

本当にタッチの差で、他から申し込みが入ったり、不動産屋の都合がつかなくなったり、売主様の都合がつかなくなったりするのです。

お忙しいのは分かります。

でも、良いご縁に出会うには、ある程度タイミングも大事です。
そのタイミングを掴むのはそのための機会を増やすしかありません。

可能ならば、なるべく素早いアクションをいただければ、それがきっと良いご縁に繋がるでしょう。これは間違いありません。

自ら興味ある物件を教えてくれる人

別の記事でも書きましたが、希望条件に合う物件を不動産屋がバッチリ見つける、というのはとても難しいのです。何故ならどこに潜在的な需要を含めて、ポイントがあるかは表面的な会話だけでは分からないのです。

【だから見つからない】良い物件が出たら教えてください#禁句【言ってはいけない】
不動産購入を検討しているときに、条件に合う不動産は、やはりすぐには見つからないことが多いと思います。そんな中で色々な不動産屋に行って相談したり、メールで問い合わせをしてやり取りなどすることがあると思います。最初の方は、不動産屋から...

だからこうやって、「自分が良いかも」と思った物件を教えていただけるだけで、不動産屋の理解が深まっていくのです。

なるほど、その物件に興味を持っているということは、

少しエリアも違うけどこの物件も紹介してみよう。

となります。

色々とアプローチいただける方は、それだけ希望の物件に早くたどり着いている印象が強いです。

よく質問をする人

ご自身の知識が増えれば、それだけ回り道しなくてもよくなり、結果、物件探しの効率も上がります。
なにより、どこを疑問に思っているかが分かると、不動産屋は対応しやすいのです。

不動産というのは難しいことも多く、分かっているようで分かっていないことが多々あります。
※これは不動産屋にも言えますが

「契約の時に、初めて聞いた、、」
という事は本来避けたほういいのです。

また、よく質問をするという事は、それだけ「熱心」な気持ちが不動産屋にも伝わるので、それだけ不動産屋としても、力の入れ方が変わってくるのです。

良いご縁を得るためにはこの5つのポイント

①予算をぼかさない
②簡単でもいいのでとにかく返事はしっかりとする
③出来る限りアクション(レスポンス)は早く
④興味ある物件を不動産屋に伝える
⑤分からないことは積極的に質問をする

こういったことをされる方が、良い物件に出会っています。

A:不動産屋のあなたに対する情報をどんどんアップデートさせ、素早く行動していく。

B:情報を小出しにし、待ちの姿勢で、のんびりと構えていて、会話は少なめ。

このAさんとBさんの差は、とてつもなく大きな差になると思います。


あくまでも不動産屋からみた、といつ特徴ですが、少しでも参考になれば幸いです。

また機会があれば『希望の買主に出会える売主様の特徴 5選』もやりたいのですが、
おそらく同じになる気がしま、、、、す(笑)

ではまた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
不動産「購入編」
スポンサーリンク
エネミー伊吹をフォローする
この記事を書いた人
エネミー伊吹
エネミー伊吹

40代前半の現役不動産屋。20年以上不動産に携わる。
大学卒業後、住宅メーカーに就職し1年目に全国新人トップを取る。その後自身で設計をし、実家を建て替える。
20代後半から賃貸会社に転職し、不動産のマーケティングを担当する。
現在は仲介不動産会社に勤め、年間200件前後の不動産に携わり、毎年100組以上のお手伝いをする傍ら、ブログを書く日々を送る。
いちごを育てながらカステラを自分で焼く。甘党。

エネミー伊吹をフォローする
不動産屋はお嫌いですか
タイトルとURLをコピーしました