【入門編】集客できる店舗立地#まずは3つのNGポイントを抑えよう【ロードサイド/地方向け】

不動産「賃貸編」

あの好立地の店舗が、閉店した。
あの大通り沿いの有名店舗が撤退した。

そういった話をよく見たり・聞いたりしていませんか?

今回は、地方の車での来店をメインとした店舗のための「集客できる店舗立地」についてお話いたします。

私はこれまでに賃貸や購入、単なるご相談も含めて、多くの店舗出店(ラーメン屋等の飲食店や、コンビニ等)についてもお手伝いをさせていただきました。

成功できる店舗立地については、業種や業態、戦略によって変わると思いますし、正直私にはわかりませんし、分かったような顔もするつもりはありません。

だだし、今までの経験上、最低限の抑えるべきポイント、つまり、「ここが良い!」というよりも、「ここに出店すると失敗する可能性が高くなりますよ」はお話しできると思います。

成功のためには失敗する可能性を、消していくことも大事ですね。

これから賃貸でも、貸地でも、購入でも、店舗立地をお探しの方はこのポイントを抑えると失敗しにくくなります、是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

結論:カーブ沿いNG・中央分離帯NG・角地NG

経験上、出店後、苦戦されていたり、結局閉店してしまった店舗の立地には目立った特徴がありました。

その中でも大きな共通点であった3つのポイントをお伝えします。(大都市圏では該当しません)

  • カーブ沿いNG
  • 中央分離帯NG
  • 角地NG

 一つづつ説明していきます。

店舗が突然現れるカーブ沿いはNG

基本的には店舗は 出来る限り直線の道路沿いが良いと思います。

いきなり目の前に現れた店舗には入り辛い

カーブの先に突然現れた店舗に、「あ、ここいいかも」と思っていても、そう考えている間に車はどんどん進み、通り過ぎてしまうのです。

「一度通り過ぎた店舗に、わざわざUターンして戻ってくる可能性はとても低い」と、担々麵の美味しいラーメン屋の店長が教えてくれました。

同じ理由で、トンネルの出入り口前後もお勧めしません。

店舗において「視認性」はとても大事だと思います。

以前は、【看板は最低100m以上手前から見えること】をお伝えしていました。

中央分離帯は一方通行とほぼ同じためNG

中央分離帯は、2車線以上のところにあることが多いですね。

つまりそれだけ交通量がある道路、という事になります。

なんだかよさそうに見えますね。 

しかし

中央分離帯は右折できない

進行方向左手にある、店舗はまだいいです。左折でスッと入れますから。

ただし、中央分離帯の向こう側に店舗が見えたとしても当然右折はできませんし、切れ目は大抵ずいぶんと向こうにあります。

「これじゃ、ほとんど一方通行と変わらないじゃねーか」、とメンチカツの美味しい定食屋さんの店長は、嘆いていました。

どこからでもさっとお店に寄りたいのです。
侵入を制限されるのが嫌なのです

地方に限りますが、交通量が多いほうがいいとは限らない例だと思います。

車での来店をメインとするなら、シンプルに中央分離帯はNG】です。

角地は入りやすいが、右折で出にくいためNG

角地は何となく良さそうに見えます。

目立つし、侵入方向も二方向から取れます。

今度こそ、どこからでも入りやすいですよね。
それが大事ってさっきそう言ってたましたよね。
ねぇねぇ。

、、、

しかし、角地こそ一番気を付けて欲しいのです。

角地からは出にくいし、右折は難易度高し

ちょうどいい画像がなかった、、、

確かに侵入に関しては二方から侵入できたりとメリットがあります。 

しかし、角地のある通りには大抵信号機があります

つまりどういうことか。

信号で赤になれば車は数台止まります。

となると自分の好きなタイミングで出ることは当然出来ません。

信号が青になっても、止まっていた列が動き出すまで、しばらく待つ必要があります。ストレス。

さらに右折はもう一段階、左からくる車を見なければなりません。とても大変です。ストレス。

そうなんです、あれだけ自由に見えた角地は実は脱出が大変なのです。

「行きはよいよい、帰りはこわいじゃねーか」とサングラスをした、さほど美味しくないとんかつ屋の大将が言ってました。

個人的に、特に「角地のコンビニ」が次々と潰れていくのを沢山見てきました。

晩年には

伊吹
伊吹

ここ潰れるな、、

と呟いた角地のコンビニがもれなく潰れていく預言者状態。(いくつだ

角地は信号機があるところは基本NG、無いなら交通量次第】とお伝えしています。

しつこいようですが、地方に限りますよ?

まとめ:出来れば右折はしたくない、という前提に立つ

私は、地方の方の多くは、

「運転がどちらというと苦手だ」

という前提に立って提案をしています。(もちろん貶しているわけではありません。)

右折は出来ればしたくない」

という前提にも立ってます。

もちろん「そんなことないよ」と思う方が多いのも理解しています。

それでも車で移動することが大前提なのですから、そこに店舗立地としての優しさは必要だと考えてます。

賃貸の店舗情報なら、全国最大手のアパマンショップなら多くの情報があるかもしれません。
一度問い合わせてみて下さい。

例えば気ままに車を運転していて、突然「ここ行きたい!」と思った時に躊躇なく入れる店舗があれば、それは誰にとっても入りやすい集客のできる店舗なのではないでしょうか。

どの業態にも、エリアにでも当てはまる話ではありませんが、何かの参考になれば嬉しく思います。

今はみなさん商売はどこも大変な時期ですが、それでもこれからお店をやっていこうとしてくれる力強い方々のお店が、多くの方が来店される、活気のあるお店になることを祈ってます。

それではまた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
不動産「賃貸編」 不動産「購入編」
スポンサーリンク
エネミー伊吹をフォローする
この記事を書いた人
エネミー伊吹
エネミー伊吹

40代前半の現役不動産屋。20年以上不動産に携わる。
大学卒業後、住宅メーカーに就職し1年目に全国新人トップを取る。その後自身で設計をし、実家を建て替える。
20代後半から賃貸会社に転職し、不動産のマーケティングを担当する。
現在は仲介不動産会社に勤め、年間200件前後の不動産に携わり、毎年100組以上のお手伝いをする傍ら、ブログを書く日々を送る。
いちごを育てながらカステラを自分で焼く。甘党。

エネミー伊吹をフォローする
不動産屋はお嫌いですか
タイトルとURLをコピーしました